仮の事務所

個人事業主にとってネックになりやすいのは仕事をする拠点です。最近では様々なやり取りをパソコンで行えるようになり、必ずしも事務所を借りるべきではなくなりました。しかし相手企業に所属する社員の中には、オフィスを借りない会社を軽視する人がいます。彼らがやり取りをする時の担当者であれば、流儀に従った対応が求められるのです。 この考え方が浸透した事によって、バーチャルオフィスというサービスが生まれました。バーチャルオフィスとは論理的な情報だけを借りるサービスです。自宅で勤務するSOHOと呼ばれる形態で仕事を進めていても、都内の一等地で拠点を構えているように見せる事ができます。それによって顧客に安心感を与える事ができるのです。

バーチャルオフィスは住所だけを借りるサービスなので、従来の賃貸事務所の価格よりも割安です。つまり投資に必要なお金を最小限に抑えられます。その事実によって多くの人から支持されているサービスです。従来の賃貸事務所は安い部類の商材であっても、月に数十万円の支払いが必要だと言われています。優れた物件であれば数百万円の出費を求められる事は珍しくありません。 対してバーチャルオフィスのサービスは、住所を借りるだけなので安上がりです。実際に借りたら数百万円の投資が必要な事務所でも、十数万円で借りられるという事実があります。現地で仕事を進められないのは欠点ですが、自宅の環境で業務遂行が可能なら、バーチャルオフィスのデメリットは大きい問題ではありません。